「人生を変えるモーニングメソッド」読んでみた。早起きになる一冊!

ハル・エルロッド著

「人生を変えるモーニングメソッド」読んでみました。

主な内容。

・作者のストーリー

・早起き方法と早起きが人生を変える意味

・早起きしてやる6つのメソッド

スヌーズボタンを押すのは敗北宣言

朝の目覚めに対するアプローチについて具体的な方法論もあるし

人生哲学的な話に納得できるので、朝の時間を真剣に考えるようになる。

実際読んでから1時間早く起きる習慣が身についた 笑

作者のストーリーや自己啓発の部分はamazonではあまり評価がよくなかったが、僕は普通に面白かったしパワーもらえた。

モーニングメソッドは

  1. 瞑想
  2. 読書
  3. アファメーション
  4. イメージング
  5. 日記を書くこと
  6. エクササイズ

の6つである。

何故それをやると変わるのか

「あなたの成功のレベルが人間としてのレベルを超えることはめったにない。なぜなら成功は、あなたの人間としてのレベルが引き寄せるものだからだ。」

と書かれていて納得できた。

自己研鑽の時間を日々とらずに成長することはない、成長し続けなければ人生がうまくいくわけがない、という当たり前の話。

そこで効果が実証されてる6つのメソッドを早起きしてやりましょうということ、でした。

読書と瞑想、エクササイズなどは普段から意識してやっていて、効果は実感しているので新しい内容も取り入れたいと思う。

アファメーションやイメージングは自己啓発とかスピリチュアルな毛色が強いのでそういうのが嫌いな人には向いてないかもしれない、自分も昔は意識高いとか鼻で笑ってたけど、結局学ばないとうまくいかない、と分かったので今は重要視している 笑

早起きになりたい人とパフォーマンスを上げたい人にはオススメできる一冊でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする