仕事を探すときに利用したいサービス

相続放棄のためには

相続放棄にかかる費用はいくらか

相続放棄は、被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に申述することで、個人でも比較的簡単に行うことが可能です。その場合には、収入印紙800円分と郵便切手が必要になります。もっとも、戸籍謄本などを提出しなくてはいけないので、戸籍謄本の取得費用もかかります。それでも、合計数千円程度で相続放棄の手続を行うことができます。 多忙などの理由で司法書士に依頼する場合には、さらに費用がかかります。専門家に支払う着手金や報酬などは、その専門家によってまちまちですが、概ね3万円から5万円程度であることが多いようです。事務所によっては、相続開始後3か月を経過してしまったときには割増料金を支払わなければならなかったり、逆に2人以上一緒に相続放棄を行う場合には一人あたりの費用が安くなったりします。

相続放棄制度はいかに活用されているか

相続放棄という制度は、相続財産が債務超過である場合に、相続人がその意に反して過大な債務を負わされるのを防ぐために創設されたものです。 しかし、日本においてはむしろ相続財産を一人に集中させることでその家の財産の分散や散逸を防ぐために利用されてきたという実態があります。すなわち、共同相続人のうち、家業を承継する者一人以外が相続放棄を行うことで、家産を一人に相続させるわけです。 とはいえ、現代においてこのような相続放棄を行っているケースは地方の農家や、相当な資産を有する者の相続人にほとんど限られており、あまり財産を有しない層では本来の趣旨において相続放棄を行うケースが多いといえます。すなわち、被相続人が多額の借金を残して死亡したため相続放棄を行うケースが多いのです。 また、富裕層でも税金対策などで生前贈与など他の制度を活用することが多いのが実際です。