仕事を探すときに利用したいサービス

払い過ぎを取り戻す

過払い金返還請求とは

最近、「過払い金」という言葉をよく目にするようになりました。過払い金とは、過去にグレーゾーン金利と呼ばれる違法に高い金利で借入を行ってしまった際に生じる、支払い過ぎてしまった利息のことです。 グレーゾーン金利での貸付は貸金業法に違反するものの、出資法という別の法律の範囲内であったことから、貸金業者に対する罰則はありませんでした。ところが、平成22年6月の貸金業法の改正を受けて、グレーゾーン金利での貸付は違法であることが明確にされることになりました。 このような経緯から、グレーゾーン金利で行われた貸付に対して、過去に支払い過ぎてしまった利息を返還する請求を行うことができるようになったのです。これが過払い金返還請求です。

弁護士による返還請求の流れ

多くの弁護士事務所では、初回無料で相談に応じてくれるサービスがあります。 無料相談を踏まえて、過払い金返還請求を弁護士に依頼をすることが決まると、「受任通知」という書面を弁護士から貸金業者へ発信します。 受任通知を受け取った貸金業者からは、過去の取引履歴が開示されます。この取引履歴に基づいて、法定の適正な金利での引き直し計算を行います。 引き直し計算の結果により、返還請求をする過払い金の金額が明らかになります。この結果に基づいて、弁護士から返還請求と交渉を行います。もし、返還に応じない場合には、裁判所へ訴訟を提起します。 貸金業者が返還請求に応じたら、支払予定日にきちんと返還されるかどうか、弁護士がフォローをしてくれます。