仕事を探すときに利用したいサービス

話題の過払い金返還

過払い金の返還とは

最近CMなどでも取りあげられている過払い金。昔消費者金融などから借金をしていた経験のある方であれば、一度調べてみる価値がかなりあります。 というのも、過払い金とは過去に消費者金融などの貸金業者が現在の利息制限法に基づく法定金利を上回った金利を債務者から取り続けていたもので、過去の払いすぎた金利分を貸金業者などに請求することによって、その差額の金利(過払い金)が返還される可能性が高いからです。たかが数パーセントの金利だろうとあなどってはいけません。 借りていた金額や期間によっては過払い金が数百万円も返還される可能性があるのです。 過去に借入経験がある方、一度専門家などに相談し、過去の取引を洗い出してもらうことを是非おすすめいたします。

過払い金請求注意点

いわゆる過払い金は、利息制限法と出資法という貸し付け時の利率が異なる法律のために発生し、利率が高い方で利息を計算されていたことが問題視されて、最高裁で利息が低い方で統一するようにという判決が出されたことがあります。すなわち、利息が低い方の法律でもう一度利息の計算をやり直しなさいということが決まったわけです。 その該当となる人は過払い金請求という形で借りていたところに対して、利息の計算をし直すように求めることが可能となったわけです。 弁護士や司法書士といった専門家に依頼して、この過払い金の計算をしっかりとし直してもらい、該当する業者に対して過払い金請求を行うことで、その多く支払っていた利息分を返還してもらうことが可能です。